Where will you go next??

【ルアンパバーン・前編】世界一満足度の高い国の世界遺産の街で

みなさんこんばんは!

一昨日、ラオスからベトナムのハノイへとやって参りました。

さて突然ですが、皆さんは「ラオス」を知っていますか?

私は名前こそ知ってはいましたが、今回旅に出ることを決めるまでは全くのノーマークでした。

しかし、かの「ニューヨーク・タイムズ」で「世界で一番行きたい国」に選出され、英国の「ワンダーラスト誌」で「満足度の高い国世界一」に選ばれ

欧米人を中心に大注目になっている国なんですね。 

中でも古都「ルアンパバーン」は1995年に街ごと世界遺産登録され、訪問する旅行者が絶えないそうです。

Luang Prabangのメインストリート

ルアンパバーンはとても小さな街で、半島部に位置する2km程度のメインストリートと、そこに沿って点在する寺院が主な見所です。基本的には丸一日あれば観光は終了しますね。

少し足を伸ばすならば、「パークウー洞窟」と「クワンシーの滝」へ行けるといいですね。こちらにもう1日費やすか、余裕をもって旅したければもう1日。2泊3日か3泊4日がちょうど良いスケジュールかな、と思います。

この前編では「ルアンパバーン市街地」の楽しみ方を

後編では郊外の楽しみ方をお伝えしますね。

ラオスといえば、仏教の国。橙色の袈裟を着た坊さんたちが見所の一つではないでしょうか?

特に、朝の托鉢(僧が民衆から鉢の中に施しをうけること)は完全に観光化されています。

元々は夜明けとともに行なっていたようなんですが、観光客の写真の撮りやすさを考慮し、開始時間を延ばしたなんて話もありました。

伝統に固執するのか、変化を受容するのか

ラオスの場合は後者だったことが現在の大ブレイクに繋がっていることは疑う余地がありません。

さて、私も早朝5時に起きて、朝の托鉢の風景を撮ってきましたよ!

Beatles in Laos

ものすごい数の僧たち

若い僧たちが多いです

あふれんばかりに次々と施しを受けています

列をなして歩いて行きます

観光客や地元民がこういう椅子に座って、並ぶ僧たちに食事を渡します

その姿は古都によく馴染みますね

さて。だいぶ坊さんたちの写真が続きました。

「チャンネーの写真はねえのかよ!」と嘆くそこのあなた。カリビアンコムへのアクセスをおすすめします。

ルアンパバーンの朝はとにかく早く、早朝5時くらいから朝市は賑わいをみせ、6時頃からはカフェやカオソーイ(ラオスの麺料理)の屋台などが始まります。

朝市の風景

大きなナマズをはじめ、ややぐろめの魚が並びます。

朝から食べるカオソーイ。というか1日3食カオソーイの日もあり。どこ行っても麺ばっか食べてる私。。。

朝食を食べたらストリート散策ですね。というより、日中は気温が40度近いので部屋にいることが多かったです。まあ、安宿だったので部屋の中も爆暑でしたが。。。。

歩く坊主

店構えがいちいちかわいい

有名なカオソーイ屋。そこそこ美味い。でも他の店の方がうまかった。店によって味はかなり違いますね。


トゥクトゥク。街を歩いていると30秒に一回は運転手が「トゥクトゥク?」と訪ねてくる。これが正直うざすぎるのである。

どこを撮ってもトゥクトゥク。私は完全に無視をするという術を身につけた。

さて、欧米人向けのカフェやレストランも数多く、高級ホテルも密集しているこのルアンパバーン。もちろん節約旅をしている私には高級路線は完全に無縁なわけですが、カフェくらいはいいですよね、カフェくらいは。

というわけで、ルアンパバーンのおすすめカフェを紹介します。

正直、このカフェで1日ずっと過ごす人もいるようですよ。まさに人を沈没させてしまうカフェ。恐ろしいところです。

その名は「utopia」

entrance

utopia

メインストリートから徒歩10分くらいのところにあります。
川に面したグッドロケーション。

こんな感じで、ほぼ寝っ転がりながら、川を眺めます

敷物がオシャレです


2回いっちゃいました。。。照

見晴らし最高。


ただただここで。うまいもの食べて飲んで。。。。

川で遊ぶ僧ども。托鉢の時の神妙な顔つきがここでは子供らしい本来の笑顔が爆発。ほのぼのしました。

意外と空いているのがまた良きかな

どうでしょう?桃源郷・・・天国、、、、パラダイス、、、、むしろパラディソ、、、、、

そんな気持ちになること請け合いです。特に日本社会で日々すり減っている人が来たら最後。2度と立ち上がれないでしょう。

さて、夕暮れ時になりました。夕焼けをみたいなと思った方。

ちゃんとありますよ。夕日スポットが。

その名も「プーシーの丘」

上記マップに位置が書いてあるのでご参照ください。

丘の入り口。メインストリートから入れます。逆サイドのutopia側からも登れるのでお好きな方からどうぞ。


当然ですが、きつめの階段を登ります。

328段です。

頂上には「タート・チョムシー」が建ってます。意味は全然わからん。

夕日がメコン川を照らします。観光客でごった返してはいましたが、それはそれは美しかったよ。

月とプーシー

さて。メインストリートへ戻るとそこはナイトマーケットです。

長い長いナイトマーケット

美しく灯るライト


使い道がまったくわからないものたち

皆真剣に選んでいます。

売る気があるのかないのか。数百の店が並んでいますが、10種類くらいの店の繰り返しです。売る側もほぼスマホをいじっています。この辺り、もう少し差別化するなりしたらいいのに、、、と思うけどそのあたりも東南アジア。ゆるいんです。

インディゴのアイテムも多いです。

最後に。一つだけ寺院に行って来ましたよ。

これがルアンパバーンを代表する寺院です。「ワットシェントーン」。

独特な屋根。

美しいレリーフ。

立ち並ぶ仏像。


威厳があります。

色彩が素晴らしい。

朝7時に入りましたがとても空いていました。朝一がおすすめです。昼は灼熱地獄です。

さて。長くなりましたが前編はこのへんで。
後編は「洞窟」と「滝」

二つの絶景をお届けします!

人の営みも、自然も両方が美しく、愛おしいですね。

それが人生さ。

使用カメラ:SONY α7Ⅱ

最後に、下の「世界一周ボタン」をクリックしていただけますと、本当に助かります!

まだまだ新参のこのブログ、全く認知されていません、

クリック数が多いほどランキングが上位になり、より多くの人に読んでもらえるblogへと成長できます。

一人でも多くの方にブログを知っていただきたいので、ぜひ皆さんのお力をお貸しください!

何卒、、、よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事一覧

Blog Ranking

Subscribe

If you fill in your email address and subscribe, you can receive updates via e-mail.

Recent articles

Twitter

Archive

Most Viewed Posts

Calender

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP