Where will you go next??

【ルーマニア】グラ=フモールルイから世界遺産、美しき「5つの修道院」へ!【宿情報有り】

みなさんこんにちは! いつも応援してくださってありがとうございます!

本当にお手数ですが、、、

まず下部のボタンのクリックをよろしくお願いいたします!(1日1クリックしてくださると本当にありがたいっす!!)

表示が完全に切り替わるまで数秒かかりますが、、、そのクリックが私のモチベーションになっています!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます!


さて、今日は顔面に殺虫剤を大量にふりかけ蚊じゃなく自分が瀕死に陥るという事件を起こしましたがその話はまた後日。

今日は、ルーマニア編最後となる「5つの修道院」について記していきたいと思います。

とはいえ、私も忙しい身。5つも行っていられないので、2つしか行っていないのですが・・・・。

正直、2つでも内部の装飾はほとんど同じだったので5つ全て回らなくてもいいと思います。

5つの修道院とは??

ルーマニアの北部、ブコヴィナ地方という山深い地域に点在する5つの修道院をさします。

16世紀にこの地方をオスマン朝の許しを得て自治を許されていたモルドヴァ公国が華やかかつ独特な文化を生み出していたんだとか。

5つの修道院が造られたのはそんな時代の話。

特徴は何と言っても、外壁を覆い尽くすフレスコ画の数々。。。。

こんな修道院みたことあるだろうか?いや、ない。

思わず反語を用いてしまうほど、かなり物珍しい修道院ですね。

描き過ぎ。

風雨に晒されているのでずたぼろになっているものもあれば、よく保存されているもの、修復されているもの。

でもいずれも珍しいことには違いがなく

肖像画や聖書の一部を表す絵に釘付けです。

行った2つの修道院

まずは見てもらえばわかりますが、それぞれの修道院が死ぬほど離れております。

それそれ20-30km離れてますね。なんならハーフマラソンを生きがいにしている人は走って行ってください。

それ以外の方は公共交通機関かタクシー

私みたいな怠け者は数を絞って行きましょう。

この地方の中心都市はスチャヴァですが、それぞれ満遍なく遠いです。

スチャヴァのツーリストインフォメーションで予約してツアーバスで全てを回ることもできるようですが

5千円から1万円くらいしますよ!

私はグラ=フモールルイというわけわからん名前の街へ宿泊。

近場の2つにさらっと行ってきました。

ヴォロネツ修道院

ここは徒歩でしか行けません。

「聖人伝」「エッサイの園」「最後の審判」がそれぞれの壁に描かれています。

ちなみに地獄の図で地獄に落ちているのは「トルコ人」です。

入場料は5ライ、写真撮影はさらに5ライ。。。

田舎町を歩くのはとても気持ち良いです。

街中心地からは徒歩5キロ。

ルーマニアお得意の同じ土産屋を越え、、、、

たどり着きます。

外壁はこんな感じです!

描き過ぎ。

後光が差してるにもほどがあるだろ。

タコの違和感。

悪魔側に悪意あり過ぎやろ

全裸の人々の腹筋の描き方に手抜きを感じる一枚。

「ありがたみ」ってなんだっけ、という一枚。

こびと図鑑。

いかがでしょうか。外壁の全てがこの調子なんで一部しか撮ってませんがカオスっぷりは伝わったでしょう。

短パン、ダメ、絶対。スカートみたいなの巻かれます。

また田舎道をのんびり歩いて帰ります。

馬車とか普通に走ってて、ほのぼのを極めてます。

フモール修道院

お次はフモール修道院!

ここは壁画が保存状態は悪いですが、バスで行けるのでとても便利です!

「ベストウエスタンホテル」の向かえ側にミニバスが頻回にくるのでそれに乗りましょう。

2.5ライ、片道10分未満で到着しますよ!

ここは、フモール修道院と、そばに教会もあります。

まずは北側の教会。

真新しい。

壁画はしょぼいですが、内部はかなりきれいです。

さらにはフモール修道院に客とられて

こちらは誰一人観光客おらず。

静けさを堪能できました。

フモール修道院はこちら!

こちらも入場料は5ライ。

壁画は保存状態イマイチです。

しかし内部は美しいですよ!

グラ=フモールルイの紹介

わけわからん名前とか貶めましたけど

北海道の「増毛町」よりは100%いい名前ですね。

ただし、発音しづらいんですよ。

私はサプンツァの陽気な墓

の後に行ったので

シゲットマルマティエイというこれまたわけわからん名前の街から移動。

シゲットの「Atogara Jan」というバス停から

9時4分発のボトシャニ行きに乗れば60ライで行けるらしいですが

私は遅れて行ったので、100ライのすこし大きなバスで行くことに。。。。

途中の景色は美しいです。

なんなら「マラレムシュの木造教会群」とう世界遺産の教会の一つも道すがら見れます。

山道が続きますが、馬車が走り、農作業をする

前時代の生き残りのような、牧歌的な生活を垣間見れます。

正直、そういった古き時代の名残をバスから眺められただけでも

この地方に来た甲斐がありました。

私の泊まったミニホテル

「Pensiunea Indra」というところ。安宿がないこの街では1泊20ユーロはまだかなりやすい部類。

一人部屋でゆったり過ごせました。清潔で、人も優しいですが

この部屋に出現した蚊は人生で一番すばしっこく

2時間かけて退治を試みましたが結局失敗。

この街に2泊し、翌日はヤシへ宿泊

そして、モルダヴァへと移動しました!

ヤシでは特に観光していないので

次回からはモルドバを紹介します!

ルーマニアのブログをまとめて貼っておくので、気になったところがあればぜひ!

トイレ中に読むのに最適な長さになっています。

最後に。まだ押してないよという方は、ワンクリックをお願い致します。。。!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事一覧

Blog Ranking

Subscribe

If you fill in your email address and subscribe, you can receive updates via e-mail.

Recent articles

Twitter

Archive

Most Viewed Posts

Calender

2018年7月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP