Where will you go next??

【モルドバ】長さ120kmのワイナリーへ!激安なのに美味な「クリコバ」の名を記憶せよ。

みなさんお久しぶりです! いつも応援してくださってありがとうございます!

本当にお手数ですが、、、

まず下部のボタンのクリックをよろしくお願いいたします!(1日1クリックしてくださると本当にありがたいっす!!)

表示が完全に切り替わるまで数秒かかりますが、、、そのクリックが私のモチベーションになっています!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます!


暑いですね〜、あまりにも暑くて氷河期の再来を祈るのが日課になっています。

今日なんて、日中は約40度。うっすら朦朧とする意識の中でマンモスの幻影を見た気さえします。

さて、そんな嘘で始まった今回のブログですが、ヨーロッパ最貧国「モルドバ」の魅力を伝えて行きます!

モルドバはワインが超有名

みなさんワインは好きですか?

みなさんの嗜好は知ったことじゃありませんが、私は好きです。

なんでしょうね、色味・香り・味などのワイン自体の個性や奥深さに加え

産地やぶどうの種類ごとの味の違いを楽しみ、考察するといった知的な楽しみ方も加わる点が魅力でしょうか。

ちなみに偉そうなこと言いましたが私はスーパーで500円で売っているワインで十分なバカ舌の持ち主なのですが・・・・

団塊の世代の方々にはワイン通の方が多く、飲みに行くとうんちくを語るおじさまも多いわけですが

くれぐれも

「このワインはなめし革のような香りだねえ、、、力強くて、、、うん、豊穣な味わいだ、、、、なんだろう、、、舌の上にどっしりとした、、、腰の強い、、、粗っぽいのにまとまりのよい味の姿が見事だね」

なんて言うのはやめましょうね。120%嫌われます。むしろ嫌いな相手への嫌がらせとして有効でしょう。

さて、そんなワインですが、発祥の地はジョージア(グルジア)だと言われています。

約8000年前に誕生したそうです。先月ジョージアでは安くて美味しいワインをいただいてきましたが

そのジョージアに並ぶほど歴史があり、美味しいワインを格安で飲めるのがここモルドバです!

紀元前にモルドバワインはローマ人によってヨーロッパ全土に広がるようになり

貴族の飲み物として認知されていったとか。

現代に生まれてよかった。

ジョージアワインもそうですが、旧ソ連のワインは日本には情報が入ってきていなかったこともあり

まだまだ認知されていないですよね。そもそも国名自体知らない人がほとんどでしょう。

日本でも格安で買える日が来るといいなあ。

モルドバの2大ワイナリー

そんなモルドバですが、2つの超巨大ワイナリーを抱えていることでも有名です。

世界最長のワイナリーとしてギネス登録されている「MILESTI MICI」と今回紹介する「CRICOVA」です。

位置関係はこんな感じ。

MILESTI MICIの方は長さ200kmのワイナリーで、150万本のビンテージワインを貯蔵しているそう。

しかし、車で行かないとワイナリー見学ツアーに参加できないと聞いたのでこちらは断念。

「ギネスに乗ってる方に行くなんて無粋な俗物」と自己正当化しましょう。

もう一つのCRICOVAはツアーにかなり力を入れているようなので気軽に参加するならこちらですね!

CRICOVAツアー参加方法

ネットを使う方法と、ワイン屋さんで予約してもらう方法があります。

ネットを使った予約はこちらから→CRICOVA予約

試飲をするプランなら「National」という1時間半のものが一般的です。

英語でのガイド付きで、4種類のワインを飲めて、490レウ。約3000円と、なかなかのお値段ですが。

他には、街のワイン屋さんで「クリコバツアーを予約したい」といって名前とメールアドレスを伝えれば予約してくれます。

ワイナリーへの行き方は、セントラルバスターミナルから2番バスに乗って行く方法と、タクシーで行く方法の2つ。

ちなみに街中からセントラルバスターミナルまでは2レウ、そこからクリコバまで5レウの計7レウ(42円)と激安です。

バスは30分に一度出発。

タクシーでは街中からワイナリーまで片道75レウ(450円)!

私は宿にいたドイツ人のナイスガイと二人で行ったので贅沢にタクシーを選択しました!

ちなみにツアーは平日オンリーなので注意!

ワイナリーツアーの様子

それではワイナリーの紹介です!

皆でツアーバスに乗り込みます

地下で車を降ります

車でどんどんトンネルのような道をくだっていくのですが、むちゃくちゃ寒いです。

自然の力で、年間を通して湿度96%、気温12℃に保たれているのだとか。わけわからん。

薄着の者はもれなく凍えます。ガイドさんの説明付き。半分理解し、半分は理解したふりをして皆と一緒のタイミングで笑いましょう。

どんどん案内されて行きます。

ドナドナ感

とにかく風が冷たい

地下100メートルです。

瓶詰め作業している様子も見れますよ。

その後、モルドバワインの歴史からクリコバの歴史まで、ワインを飲みながら鑑賞。

同行したドイツ人のエルビンは、「Wine is God’s blood….」というナレーションになぜか爆笑し、その後数日ずっとネタにしていました。笑

あとで聞いたら無神論者だったみたいです。

ワイナリーにはたくさんのワインが。一本くらいくれてもよさそうなもんだけど、、、。

古すぎて埃まみれなワイン達も。別に埃はとってもいいだろ。。。。

大震災が怒らないことだけを祈りながら鑑賞しました。

これまで訪れた偉人達。

ワイナリーの地図。全ての道をあわせると120km。意味わからん。

そして試飲タイム。最安のツアーに参加してしまうと試飲なしで解散なのでぜひこちらに参加してくださいね!

プーチンが50歳の誕生日を祝った会場で試飲。

4種類試飲。

カベルネ・ソーヴィニヨン100%の赤のスパークリングが飲めます。思いの外美味しかった。

漂う強者感。

漂って余りある強者感。

帰りにはエルビンがショップでクリコバワインを四本購入。

出口

受付でタクシーを呼んでもらい、宿へ。

宿のみんなで酒盛りを楽しみました!

というわけで!

今回は、モルドバで最も有名な観光地

クリコバのワイナリーを紹介しました!

最貧国だし観光資源少ないし観光客もものすごく少ないモルドバですが

物価も安く人も優しく、私はとても好きな国ですね。

次回は岩窟教会。美しき「オルヘイ」の紹介です!お楽しみに。。。!

最後に。まだ押してないよという方は、ワンクリックをお願い致します。。。!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事一覧

Blog Ranking

Subscribe

If you fill in your email address and subscribe, you can receive updates via e-mail.

Recent articles

Twitter

Archive

Most Viewed Posts

Calender

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP