Where will you go next??

【キルギス】自分史上最高の絶景へ!ソンクル湖を徹底紹介!【前編】

みなさんこんにちは!アスタナで3日間過ごし、Expo2017へ参加したりクラシックのコンサートに参加したりと楽しみ、先ほどまたアルマティへ戻ってまいりました。

6月も半ば。ちょうど今日で日本を発って2ヶ月が経過しました。日本もだいぶ暖かくなっているのでしょうか?

フィリピン留学から始まりその後毎日色々な場所へ出かけ、色々な人と出会い話しているためか

もう既に一年くらい経っているように感じます。まだ2ヶ月なんてとても信じられない。。。。

日本にいたころはものすごくあっという間に過ぎていた日々。特に社会人になってからは基本的に習慣化された毎日を過ごすため、あっという間に月日が流れていました。

残る10ヶ月をより濃く過ごして行きたいですね。

というわけで、今後とも当ブログをよろしくお願いします!

今回は、キルギス最後にして最も心を奪われた景勝地

「ソンクル湖」に関して皆さんに紹介したいと思います。

ソンクル湖とは?

ナリン州に位置。ナリンは純粋なキルギスの住むところと言われているそう。

地図で示すように、キルギスの真ん中に位置する標高3000m以上に位置する美しい湖です!

高地にあり、中心部にあることからアクセスは良いとは言えず

ただそのぶん周囲からの影響を受けにくいため

古い伝統や慣習が残っていると言われています。

かなりの高地に位置することから観光向けに開かれているのは6-8月のみ。それ以外は気温が下がりすぎるためだと思われます。夏といえど夜間は相当冷え込むので防寒具は必携ですよ。

ソンクル湖への行き方

ソンクル湖に行くには、大きく分けて2つのルートがあります。

①アクタルという街から北上するルート

②コチコルという街から南下するルート

多くの旅行者はビシュケクやカラコルといった北部の街からの移動となると思うので

②に関して説明しますね!(①からのルートがより景色が良いらしいですが・・・・)

ビシュケクから直接コチコル村へ向かうか、カラコルからボコンバエバを通ってコチコル村へ渡ることになります!

我々はカラコルを拠点にしていたので

カラコルからトン村へ移動し、ユルタで一泊し

そこからボコンバエバ村へ移動。

ボコンバエバ村からコチコルまではミニバスを使います!

1人300ソム(450円)で、2時間で到着します!

道中の景色。どこまでも美しい「イシククル湖」と奥に連なる山脈を眺めながら。

コチコル村では旅行を手配してくれるCBTのオフィスへ向かいます。というより、そこで降ろしてもらいます。

CBT in コチコル

オフィスの中。

スタッフが英語が堪能なため、ここで全てを手配します。

ソンクル湖から帰るときにタクシーなどがないため、ここで全てを手配しなくてはいけません!

我々は、コチクル村からソンクル湖までの交通費、ソンクル湖でのユルタ宿泊費、夕食朝食費、ソンクル湖からコチクル村までの交通費 全てをあわせて1人1900(約3000円)ソムでした!

ただし我々は7名で行動していたので、少人数の場合値段が変わる可能性があります。

そこは要交渉でお願いします。

CBTに荷物を預けて、近くのオススメのレストランへ。キルギス名物の麺料理ラグマンは150円くらい。

そこからは3時間弱でソンクル湖に到着します!!

ビシュケクから向かう場合も、カラコルから向かう場合も約6時間(休憩抜きで考えて)程度かかると思ってください!

ソンクル湖までの道

はい。もうここからずーっと絶景が続いて行きます。

雄大な自然の中を進みます。

数え切れないほどの馬や牛や羊、たくさんの鳥が空を舞っています。

小川に沿って、曲がり道をくねくねと。

ユートピア。人の姿はほぼなく、美しい自然の中で動物たちがリラックスしているのがわかります。

おなじみの光景。

カルマク・アシュー峠の万年雪。

とにかく雄大。皆思わず息を飲みます。

そして徐々に高度を下げ、平野へ。奥に湖が見えてきます。

我々が今夜泊まるユルタの女主人がお出迎え

ソンクル湖の様子

たくさんの牛馬が放牧されています。

トイレもこんな大自然の中に。

到着日は風が強く、海のような波が。

ジェイソンも大感激

みんなで石投げです!

自然の雄大さに、なかなかその場を離れられません。

ここで暮らす人々は皆当たり前に馬に乗っています。

彼らの住居、ユルタ。

高山植物が咲き乱れます。

ユルタの中

ユルタの天井。キルギスの国旗になっています

とにかくうまいスープ

恥ずかしがり屋ながら温かい人々

ここで産まれここで育つ

日が長く、21時頃日が沈んでいきます

ボランティアで数週間ここで暮らしているフランスの青年

徐々に空の色が変わって行きます

今夜は月が綺麗そうです

遠い山なみの向こうへと日が沈んで行きます

皆飽きることなく世界が変化して行く様子を眺めます

ユウキくんは子供と遊びすぎて、1人めちゃめちゃ息が上がっていました。

そして夜へ。

後編ではソンクル湖の、想像を絶する美しい夜の姿をお届けします!!!

最後に、下の「世界一周ボタン」をクリックしていただけますと、本当に助かります!

まだまだ新参のこのブログ、みなさんのおかげでランキングが上がっては参りましたが

まだまだ認知されていません。

クリック数が多いほどランキングが上位になり、より多くの人に読んでもらえるblogへと成長できます。

一人でも多くの方にブログを知っていただきたいので

皆さんのお力をどうか、、、お貸しください!

何卒、、、よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事一覧

Blog Ranking

Subscribe

If you fill in your email address and subscribe, you can receive updates via e-mail.

Recent articles

Twitter

Archive

Most Viewed Posts

Calender

2018年8月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP