Where will you go next??

【ジョージア】国内第2の都市で世界遺産のバグラティ大聖堂へ行ってきた【クタイシ】

みなさんこんにちは!

今はジョージアのカズベキに仲間たちといるはずです。(この投稿は予約投稿です)

ジョージアではこれまで

首都から日帰り観光可能な世界遺産「ムツヘタ」

ジョージア最後の秘境とも呼ばれ

ラピュタのシータの故郷のモデルとも言われるウシュグリ
こちらも世界遺産に認定されています。

さて。ジョージアの首都トビリシに次ぐ第2の都市といえば「古都 クタイシ」です!

クタイシ近郊の見所はこちら

クタイシを拠点にしていける2つの観光名所

巨大な鍾乳洞「プロメテウスケーヴ」と、断崖絶壁の上の教会「カツヒピラー」

両方とも絶景には違いないのですが、、、時間の関係で断念。

クタイシ市内の観光のみとなりました!

クタイシはほどよく欧米化が進んだ国で、クリーンでおしゃれな街という印象。

クタイシ市内の主な見所

実際には多数の修道院があり、最低2泊は必要ですが、1泊のみの強行スケジュール。。。。

今回は、クタイシを代表する教会で世界遺産になっている「バグラティ大聖堂」

グリーンバザール近くの「対外戦争で戦死した兵士を悼む彫刻」を見に行って来ました。

クタイシの丘の上にあり、ランドマークにもなっているバグラディ大聖堂は

ジョージア正教会の生神女就寝祭を記録する大聖堂で11世紀に建てられましたが、17世紀にオスマントルコによる攻撃で大きく損傷を受け

その後修復され、現在は世界遺産に登録されています。

クタイシ市内を縦走する「リオーニ川」を橋で渡ると、やや急峻な坂を登って行くことになります!

階段を登り切るとすぐですよ!

坂を登るとすぐに見えます


タマル女王

13世紀にジョージア最盛期を作ったタマル女王の肖像画も

そしてなんといってもこの高台に位置する教会からは

街を一望できます

とても気持ちがいい場所ですよ!

ここから徒歩圏内にグリーンバザールがあり

そこの入り口には「兵士を悼む彫刻」があります。

これがまた、雰囲気抜群でフォトジェニックな場所なので

あまり知られてはいませんが是非行って見てください!

戦争で亡くなった兵士たち。怒りや悲しみが伝わって来ます。

近くの「クタイシ公園」は広い公園で、ローカルの人々がベンチに座ってまったりしています。

もう一つの世界遺産「ゲラティ修道院」は徒歩では難しく今回は断念しました!

できればクタイシには2泊はして、しっかりと周辺の観光地含め楽しむことをオススメします!

もっと時間の余裕を持って、ゆ〜っくり旅したいなあ。。。。

旅人共通の悩みですね!

それでは!

最後に、下の「世界一周ボタン」をクリックしていただけますと、本当に助かります!

まだまだ新参のこのブログ、まだまだ認知されていません、

クリック数が多いほどランキングが上位になり、より多くの人に読んでもらえるblogへと成長できます。

一人でも多くの方にブログを知っていただきたいので

皆さんのお力をどうか、、、お貸しください!

何卒、、、よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事一覧

  1. diving,kerama,keramablue,olinawa

Blog Ranking

Subscribe

If you fill in your email address and subscribe, you can receive updates via e-mail.

Recent articles

Twitter

Archive

Most Viewed Posts

Calender

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP