Where will you go next??

【ウクライナ】首都キエフでラーメン対決!!「麺屋武蔵」と「Noodle vs Marketing」!勝者は?

みなさんこんにちは! いつも応援してくださってありがとうございます!

本当にお手数ですが、、、

まず下部のボタンのクリックをよろしくお願いいたします!(1日1クリックしてくださると本当にありがたいっす!!)

表示が完全に切り替わるまで数秒かかりますが、、、そのクリックが私のモチベーションになっています!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


さて。リアルタイムではバルト三国のリトアニアという国に着きました。

到着して早々、大好きなスーパーマーケット探索をし、なんと玉うどんをゲット。

きのこ月見うどんを作りましたが、この旅1番の絶品でした。なんですか?あの白くて細長い食べ物。

神の生み出した奇跡でしょうか。日本のみなさん、うどん毎日食べれて羨ましいね。。。

さて、そんなうどんジャンキー、もっと根本的には醤油ジャンキーな私ですが

うどんと言わず、ラーメンや寿司は海外でも日常的に摂取しています。

なんなら、購入したキッコーマンの醤油を意味もなく舐めたりしてますからね。

私がどれだけの醤油ジャンキーなのか想像に難くないでしょう。

将来高血圧濃厚な私が

今回は首都キエフにて有名なラーメン屋

「Menya Musashi」と「Noodle vs Marketing」という人気店を紹介します。。。!

ちなみに寿司も食べてるのでついでに紹介します!

Menya Musashi

既視感が尋常ならざるこのラーメン店。

そう。東京で何度か通ったラーメンの名店

「麺屋武蔵」。。。。

海外進出しているとは聞いていましたがまさかウクライナにまで。。。。

そのあたりちゃんとした情報がないのですが、もし無関係だとするなら

パクリにもほどがあるやろ

そんなん私も日本で「幕怒鳴奴(マクドナルド)」というハンバーガーショップで一財築いちゃうよ??

という気持ちが湧き上がらないわけでもないのですが・・・

基本的に性善説な私はこの武蔵を信じます。

なんでもこのMENYA MUSASHI。キエフに5店舗もあります。

どんだけ成功してんの。。。。

すき家かよ、ってレベルで点在してますね。

ちなみにネットのリサーチですと

「麺が柔らかすぎる」

「スープがぬるすぎる」

といった否定的な意見が目立ちました。

私もそういうものだと思って覚悟して向かいました。

正直、醤油飲めればなんでもいいんですから。。。。

ちなみに私が向かったのはキエフのど真ん中!

独立広場のすぐ近く、繁華街にあります!

外観。カフェかよ。。。

Menya Musashi入店、そして実食

思いっきり「麺屋武蔵」って書いてる。

店内。しゃれている、しゃれすぎていると言っても過言ではない。

とにかく洒落てますね。

こんなところ、我が倭の国にあろうものならジロリアンたちが2chで罵倒しまくる未来しか見えませんがここはウクライナ。

これがスタンダードなんですね。なにもかもおしゃれなキエフなので。

さて。メニューです。

大きく分けて、ラーメンとつけ麺があり

それぞれクラシック、ブラック、レッドの3種類の味があります。

さらにのっている肉が「ポークリブ」「チキン」など6種類。

どんだけ選べちゃうの。。。。

とりあえず一杯目はクラシックでしょう。

うんま〜い。。。。

なにこれ。超うまいじゃん。

麺の硬さも普通、スープも熱々。特筆すべきはチャーシューの大きさに柔らかさ。とろっとろやないか。。。。

ネットの噂はなんだったのでしょうか?

5店舗あるから店舗によって全然違うのでしょうか?

二郎のように。

さて、餃子も。。。。

うんま〜〜〜〜い。。。。

普通の焼き餃子ですこれ。つけダレもよくわからんけどうまい。

実際、酢が欲しいなって2%くらい思いましたよそりゃあ。

でも、このタレも全然ありです。しゃぶしゃぶ屋へ言って「ゴマだれしかない」って言われたようなもんです。かすり傷です。

だいたいラーメン一杯400円、餃子は200-300円です!

海外のラーメン屋の高さを考えると、これは激安の部類に入ります。

店員さんの態度もいいし、ピンク色の髪をしたややハゲがかった若者も「いらっしゃい、、、ました〜〜〜!」とか可愛さを極めた挨拶をしていたのもポイント高めでしたね。後日行った時に挨拶したら明らかに「え??誰だっけこいつ。。。」って顔をされたので嫌いですが。

そんなこんなであまりに気に入ったので、、、

その後2回行きました!

ブラックつけめん

つけ麺なのにつゆあっつあつ。。。

正直、途中で麺をスープにつっこみ、ただのラーメンにしましたが

味はかなり美味しかったですね。

3回目は日本人の仲間をたしか、、、6、7人。

大量に連れて凱旋しました。

「うますぎる」

と感動していましたよ。Mさんなんてライス追加注文してましたからね。かわいい女性なのに。。。

とりあえず3回とも独立広場の近くの店舗だったので他店舗との比較はできませんでしたが

「チェルノブイリ博物館そば」の店舗に行った友人からはやはり

「スープがぬるかった」と聞いたので、とりあえず安パイの独立広場店をおすすめします!!

さあ次は

Noodle vs Marketing

はい。こちらです。

ネット情報では、このラーメン屋は美味しい! 武蔵よりずっと美味しい!

と賛美する声が目立ったので、期待して行ってみました。

キエフに着いた翌日のことで、ジョージアで仲良くなったNちゃんと行ってきました。

その様子はNちゃんのブログからも読んでいただくとして→nanacyu

まずは場所からご紹介。

微妙に遠いです。

前回紹介した世界遺産「ペチェールシク大修道院」と地下鉄駅「Arsenaina」の中間にあるので

興味がある方はペチェールシクへ行った帰りに寄ってみてください。。。。。

入り口

Noodle vs Marketing入店

はい。ここもしゃれおつですな。

なんならシャレコウベです。

こんな緑の空間あります?日本のラーメン屋に。あっても表参道とかそんなとこでしょ?知らんけど。。。

なんだかすごそうな。意識が高そうな方々の写真がたくさん貼ってあります。

そしてメニュー

塩、醤油、味噌、スパイシーの4種類。

値段も並盛りで250-400円程度、
小さいサイズもあります!

「兄貴」と呼びたくなるお姉さんが自家製麺を作っています。

往年の岩城滉一のような謎の色気があるんですよね。

そして私は醤油を、Nちゃんは味噌を。

醤油

ぱくり。

ま、、、

まんず〜い。。。。。

なんでしょう。

炭酸が完全に抜けたコーラを飲んでるような、いや違う、炭酸の抜けたコーラにココナッツミルクを追加したみたいな

足りないものが圧倒的に足りない上に、いらんものを追加してしまった故におこってしまった悲劇、とでも申しましょうか。

基本的にディスりたくないんです。作り手の気持ちを考えると。

24時間テレビですらディスらない菩薩の心を持つと言われる私であっても

これは正直きつい。

が、しかし。

味噌なら。

お味噌ちゃんなら何かちがうんじゃないか・・・。

そう思い、無言で箸を進めるNちゃんとブツを交換し、味噌を味わうことに。

ぱくり。。。。

まずすぎわろたwww

これはね。ひどいです。

味噌がまず味噌じゃない。

あの風味やコクは完全にゼロです。味噌味であることがまずわからない。

そして、なぞのハーブ??がはいっているのか

異様な味がします。

完食するのが困難なレベル。

基本ディスるのが嫌いなこれまた心優しいNちゃんもそのあまりのまずさに爆笑していました。

これまで回った各国でラーメンを食べている私ですが

ダントツ、1番のまずさでしたね。

しかも2つとも極端にスープが少なく、ぬるい。

美味しかったのは唯一、なぜかピンク色に染まった煮卵のみ

それ以外の全てがまずいんですね。

トッピングでチャーシューなんかも乗せられたらしいですが、いずれにしてもだめでしょう。

その数日後食べた「出前一丁」のあまりの美味しさに、ここのスタッフ全員にプレゼントしたいと心から願いました。

だがしかし、実際ラーメンだけでは足らんでしょうということで最終兵器も注文していたんですね。

その名もジャスミンライス!

チャーハンがないとのことだったので、メニューにも載っている大きな写真からもこの店の看板メニューだろうと判断。

早速運ばれてきましたが、明らかに美味しそうな雰囲気。

これよこれ。ようやくまともなものにありつけると一口。

うん、まずい。(きっぱり)

なんでしょう。香草の香りたっっぷりのライスが、酸っぱい汁に浸かっていて、謎の辛みと混ざり合っているんですね。

そして日本の白菜の漬物にそっくりなものが大量に添えてあります

なぜそこだけ日本風なんだよ。

と湧き上がる悲しみと怒りをこらえながら

必死に食べました。

なんなのここ。。。。

というわけで。

キエフへ行ったら絶対に麺屋武蔵へ行きましょう。特に独立広場店は間違いないです。

Noodle vs Marketingは、戦う相手間違えてるだろ。。。。

なにマーケティングと戦ってるの。。。。そこじゃないから。。。

いかに日本人の口に合わないかを試しに行くだけでも価値があるかもしれません。

その他の和食

和食の紹介ついでに、キエフで食べた他の和食を紹介しますね!

とはいえ麺屋武蔵の目と鼻の先なんですが。

まずは、「CASTA」です。

こちらは以前紹介した未承認国家「沿ドニエステル共和国」にもあって、ひときわおしゃれで目立っていました。

沿ドニエステル店でえらく気に入った私はここにもNちゃんと行ってきました。

ここは寿司とアジア料理、バーガーなどの洋風料理なんでもありで

店内はすさまじく洗練されています。

本当にうまいです。

寿司も、酢飯でネタもしっかり。

日本の100円回転寿司くらいうまいです。

海外でのがっかり寿司に慣れすぎた身としては相当レベル高いですね。

肉料理も美味。

寿司セットも800円程度と、高すぎず。

次はキエフ中にチェーン展開している「Evrazia」です。

こちらも寿司メインとしながらもアジア料理が豊富です。

ここの寿司は、、、、CASTAを10としたら6ですね。

ご飯が酢飯じゃないので、いまいち美味しくない。

ただし、他にうどんを頼みましたがこちらは普通にうどん。めんつゆの優しい味に本当に癒されました。

あまりうどんを海外で見かけることはないので

「めんつゆを是が非でも飲みたい」

という創味のつゆ信者は是非。


というわけで。今回はキエフの和食にフォーカスしておすすめしました!

正直ウクライナへ行く人以外微塵も価値のない情報ですが

麺屋武蔵が海外で頑張ってるよ、ということは伝わったでしょうか?

最後に。「これ、飯テロだよ?」という方は、ワンクリックをお願い致します。。。!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事一覧

Blog Ranking

Subscribe

If you fill in your email address and subscribe, you can receive updates via e-mail.

Recent articles

Twitter

Archive

Most Viewed Posts

Calender

2017年12月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP