Where will you go next??

【アルマティ】大自然の宝庫、カザフスタンへ。メデウを最大限に満喫!【前編】

みなさんプリーヴィエッ!

ロシア語が全く覚えられず、記憶障害を疑う日々を過ごしています。

昨日5月29日にカザフスタンの「アルマティ」からキルギスの首都「ビシュケク」まで陸路で国境を越えました。 多少のドタバタがありながらも友と無事に入国できほっとしています。

今日はあいにくの天気ですのでblog執筆を!

5月23日深夜にアルマティへ到着し、6日すごしたその街が大好きになったので皆さんに紹介していきます!

カザフスタンの子供。ロシア系とモンゴロイドが混ざった独特な顔立ち。

深夜に空港に到着し、SIMカードを買い、早速UBERを利用します。

なんせ、ハノイの空港タクシーでぼったくられてから空港でタクシー使う気がしないんですよね。。。。

そしてたどり着いたのが「European Backpacker’s Hostel」です!

アルマティ観光に便利

結果としてここを選んだことが、私のアルマティライフを最高のものにしてくれました!

ウズベキスタンのビザ問題から発生した私のカザフスタン行き。(アルマティでのウズベキスタン獲得法は今度別記事にします。)

カザフスタンは2015年より試験的に日本人はビザ不要となっています。

5日以上滞在する場合は「滞在登録」が必要ですが空港の入国審査時に入国カードに2箇所印が押されるので、それが滞在登録となり最大90日は滞在登録不要となっています!

「りんごの里」という意味のアルマティは1997年まではこの国の首都でしたが(現在はアスタナ)、今も経済の中心としての機能があり、非常に栄えています。

近所のモール。広くて綺麗。

シルクロードのオアシスとして栄えた歴史があるので、緑豊かで中央アジアのイメージとはあまり合致しません。ロシア系の人も多く、民族の多様性がとても興味深かったです。

アジア系とロシア系が混在し、皆とても仲が良い。

自分とそっくりなアジア系の男の子が、超絶美人なロシア系の子と道端でいちゃついているのには嫉妬を隠しきれませんでしたが、、、、

さて、そんなアルマティですが、天山山脈の支脈を街全体から望むことができるため
街のどこからでも美しい山を見ることができます!

ガイドブックでも紹介されているのが市内中心地から15キロ、バスで30分に位置する
「メデウ」です。

バス車内。

ここは、カザフスタンホテルの道路を挟んだ向かい側のバス停から6番か12番バスに乗って終点で降りれば到達できます!

バスは乗車後に乗務員がお金を受け取りにくるので80テンゲ渡せばOK!

ちなみに日本円で25円くらい。やす、、、、

基本的に物価は約3分の1程度です。

メデウ入り口には「メデウ・スケートリンク」があり、ここは世界で最も高い場所にあるスケートリンクで、氷の質が良いのか世界記録がたくさん生まれた場所のようですよ!

スケートリンク

秋から春先までは氷が張っているそうです。

数百段ある長い階段を登ります。

到着。

階段を登り切ると、そこには美しい景色が。

海抜1500~1750mの美しい渓谷です。

絵葉書のようです。

一人でパシャパシャ写真を撮っていると地元の若い女の子2人組が声をかけてくれました。

いきなりポージングをきめる私。

この出会いが本当に大きかった!!

アジャとインディラ

ものすごく優しくて気さくで英語も堪能な二人との時間は最高でした。

この後一緒にメデウ周辺を歩きます。

自家製のお茶や食事を恵んでもらっている図

激ウマなチョコもくれました。その名も「カザフスタン」

水浴びを楽しむ人たち

グラニーフェチの方々へ。

さてこのメデウ。後日アジャとその仲間たちとトレッキングをすることになります。
その素晴らしい景観は次回の後編で!!

ほとんどの観光客はトレッキングでなく、この階段の先の景色をみるだけで帰ってしまうので、アルマティの印象はあまり残らないようです。

実にもったいない!!

メデウを降りてからはインディラの運転するマイカーで馬牧場へ

馬づら

あまりあまり見たことのない真っ白な美しい馬。

最高にきさくで優しいおばちゃん

乗ってみた!

全て無料で、馬とふれあい、馬にも乗ることができました。

猫もたくさん。

この家の子供。かわいすぎ。

その後は2人のおすすめのレストラン「Парадайз」へ!

Paradiseといいます。

本当に激ウマ。馬を食べましたが激ウマ。。。。

店内の様子

カザフスタン伝統のベシュバルマク

馬肉と羊肉、下には「スイトン」のようなものが敷き詰められてます。

とにかくうまかった! 日本では馬肉を生で食べると話したら若干引かれましたが。。。

3人で。

アルマティへ行く方は是非いってみてくださいね!他の料理も抜群です!!

では今回はここまで、載せたいことがありすぎてまだまだ続きます!!

最後に、下の「世界一周ボタン」をクリックしていただけますと、本当に助かります!

まだまだ新参のこのブログ、みなさんのおかげでランキングが上がっては参りましたが

まだまだ認知されていません、

クリック数が多いほどランキングが上位になり、より多くの人に読んでもらえるblogへと成長できます。

一人でも多くの方にブログを知っていただきたいので

皆さんのお力をどうか、、、お貸しください!

何卒、、、よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事一覧

Blog Ranking

Subscribe

If you fill in your email address and subscribe, you can receive updates via e-mail.

Recent articles

Twitter

Archive

Most Viewed Posts

Calender

2018年6月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP