Where will you go next??

【キルギス】世界遺産のブラナの塔へ!日帰り観光のススメ【ビシュケク】

みなさんこんばんは!

キルギスで10日過ごし、本日カザフスタンのアルマティに帰ってまいりました!

目的は「ウズベキスタンビザの受け取り」

しかし、とっくに受け取り指定日を過ぎているのもかかわらず、私のビザはまだ「under consideration」で

受け取ることができないとのこと。 しかもいつできるかもわからないと。

呆然としましたが、あと数日この街で待機し、だめそうなら東欧へ一気に飛んでしまおうと思います。

大好きなアルマティで数日ゆったり過ごすのも考えようによっては悪くありません!

さて、濃密すぎたキルギスでの輝かしい日々。写真の整理やブログ執筆の時間がとれなかったので

この数日を有効利用して皆さんにキルギスのことを知ってもらえるように頑張りたいと思います!!

前回の記事では

首都ビシュケクからすぐに行けるトレッキングコースを紹介しました。

今回は「首都から半日観光で行ける世界遺産」の紹介です!

その名も「ブラナの塔とバラサグン遺跡」です。

ブラナの塔。奥には美しい天山山脈が並びます。

ビシュケクからは「ミニバス」と「タクシー」を乗り継ぎます!

東バスターミナル

東バスターミナルからはまず「トクマク」という街へ向かいます!

ミニバスで50ソム(約75円)、約1時間で到着です。

位置関係

Don-Arykとうのがブラナの塔です。

トクマクのバス停からは「マルシュルートカ」というバスに乗るかタクシーかの2択。

マルシュルートカに乗る場合は、「ソヴィエツコエ」行きのものに乗って途中下車、20ソム(30円)で到着します。

しかし、帰りのことも考えると、タクシー利用がおすすめです!

私たちは7人で向かったので2台のタクシーをチャーター。

バス停までの往復と、現地1時間の滞在で1台600ソムで交渉しました。

最初は1000ソムといってきましたがディスカウントと言うとすぐに「600!」と。

おそらく500くらいまでは下げられます。

さて、バス停からタクシーで15分程度で到着するのがブラナの塔です。

高さ24m

平野の中にぽつねんと佇む姿に正直「え。。。。これで終わり。。。?」という気持ちにならない人がいたらその人は聖人です。

しかし、その周囲を散策しながら遠くに見える美しい山々を見ていると、この場所は塔を楽しむだけでなく

その周囲の景観を一緒に楽しむものなのだと気がつきます。

この場所は中央アジアで最初のイスラム系遊牧トルコ人王朝の「カラ・ハン朝」の首都の一つ「バラサグン」と推定されています。

先月、帝京大学が調査して「大量の唐の瓦が発見された」と先日報じられたばかりの「アク・ベシム遺跡」などとともに

「シルクロード:長安〜天山回廊の交易路網」として世界遺産登録されています!

ちなみにブラナの塔の入場料は60ソム、土産屋の入場料が10ソムです。

ただでさえ巨大なこのブラナの塔。

15世紀の地震で崩れる前は45mもあったとのこと。当時の姿に思いをはせながら、周辺を探索します。

古い型の車が今も普通に走っているのが素敵

なにやらたくさんの「地蔵」のようなものが。。。


なにこの癒し。

癒し。癒しです。

この方々は「石人」と呼ばれる石の像で、一説には「突厥」の戦士の墓だとか。

世界史で習った騎馬民族「突厥」といえばめちゃめちゃ強い民族のイメージでしたが、、、、

なにゆえ

これじゃない感。もっと猛々しいでしょ。。。。

斜めに突き刺さってる感じがなんともいえない風情をかもしだしてますよね。。。。

私のお墓の前で泣かないでください。。。。

京都の三千院のお地蔵さんに癒されるのと似たような癒しスポットでした!!

そのあとは、旅仲間「ユウキくん」がドローン「ファントム4」を飛ばします!

信頼できる仲間「ユウキくん」

ムードメーカーのユウヤとファントム。絵になるね!

そのファントムで撮ってくれた写真がこちら!!

究極の自撮り

遠ざかってゆきます


ドローンでなければ絶対撮れない映像に圧倒されました!

ユウキくんとはこの先一緒に旅をし、数々の美しい動画や写真を残してくれたので随時紹介やリンクを貼っていきますね!

さよならブラナ。

最後に前々回に引き続き、、、、ビシュケクのレストラン情報を!

「Tsntr Plova」

「Tsntr Plova」といいます。

Faizaから徒歩3分くらい。

外装も内装も豪華です。


気さくな店員さんたち。日本人にそっくり。

食事の写真がなくてすみません。。。。

キルギス伝統のラグマンなどの麺料理からベシュバルマク、その他のアジア料理など選びきれないほどのメニュー

Faizaがローカルの人向けなのに対しこちらはかなりカジュアルなオシャレさをもったオープンな店という感じがしました。

どちらもオススメです!!

笑顔の絶えない食事

マイメン、ジェイソンも上機嫌

次回は、世界で2番目に大きな動物市場へ行った話を!

最後に、下の「世界一周ボタン」をクリックしていただけますと、本当に助かります!

まだまだ新参のこのブログ、みなさんのおかげでランキングが上がっては参りましたが

まだまだ認知されていません、

クリック数が多いほどランキングが上位になり、より多くの人に読んでもらえるblogへと成長できます。

一人でも多くの方にブログを知っていただきたいので

皆さんのお力をどうか、、、お貸しください!

何卒、、、よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

関連記事一覧

Blog Ranking

Subscribe

If you fill in your email address and subscribe, you can receive updates via e-mail.

Recent articles

Twitter

Archive

Most Viewed Posts

Calender

2018年8月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP